プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
2012年4月よりくるくるワイドを自分なりにアレンジして、FXの冒険の旅に出発しました。果たしてジョニーは財宝を手に入れることができるか!?
尊敬する人:
池上彰 スティーブ•ジョブズ
好きなミュージシャン:
Dragon Ash
趣味:
スノボ 登山 海外ドラマ
好きな映画:
グーニーズ
スタンドバイミー
バックトゥザフューチャー
スターウォーズ
パイレーツオブカリビアン
シンドラーのリスト
好きなマンガ:
マスターキートン
Naruto
20世紀少年
ブラックジャックによろしく
アイアムアヒーロー
仕事:
普通のサラリーマン

最新トラックバック
おすすめ証券会社
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
437位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

願いを叶えるドラゴンレーダー
おすすめトレードツール
おすすめアプリ
ブロとも一覧
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口座金額の配分について

魚屋さんに各口座金額の配分についてご質問させていただきました。

ジョニー>
魚屋さんのブログを参考にして、くるくるワイドの口座管理は4口座で運用しているのですが、最近、複利運用によるポジションの肥大化により、口座間の資金移動をしなければいけない機会が多くなってきました。複利ロングやショートを建てたくても、証拠金が足りないとかそういう状況に頭を抱えています。
魚屋さんは、複数の口座の割合はどの様にされていますか?
本体用 口座 ○割
複利ロング、ショート用口座 ○割
ピンポン用口座 ○割
トラリピ用口座の ○割
というような感じで答えていただけると大変助かります。

私の場合、
本体用 口座 6割
複利ロング、ショート用口座 1割
ピンポン用口座 0.5割
トラリピ用口座の 2.5割
こんな感じになっていますが、どのような割合が安定するのか、悩んでいるところです。アドバイス頂けるとうれしいです。

また証拠金維持率についても、最近私の場合、複利系の口座は100%付近とかなりレバが高い状態になってきています。今のところロスカットされたことは、ありませんが、経験が不足しているので、どこまでが安全なのかあまり理解していません。
維持率についても、見解があればご指導頂きたいと思います。よろしくお願いします。

魚屋さん>
ジョニーさん、波に乗って来た様でおめでとうございます^^

ジョニー>
魚屋さんに褒められるのはわたしにとって嬉しい限りです^_^

魚屋さん>
さて、ご質問の口座間の資金の割合についてですが…

自動口座   3割(初期トラップ損益+証拠金分)
激狭スプ口座 7割(それ以外分)

…私の場合、開始時にはこの様に始めると思います。

資金自体に意味付けして分けるのは良い事です。
ですが全ての合算で安定性を測っているので、同じ口座内で2つ3つの意味を管理した方が、安定性も出て資金移動の必要性も減ります。
なので資金は口座の特徴として有用な分け方をし、意味合いは脳内やメモ帳などで管理します。

主な口座の有用な意味合いって…自動化、激狭スプ、スワップ、証拠金、両建て…等々ありますが、私の場合は自動化、激狭スプを主に見て資金分けをしています。


自動口座はトラリピ用となり、安定化の為に本体を半分程持っても良いでしょう。
資金移動を多用したくなければ相場の動きによっては一定の複利を持つのも有りです。

激狭スプ口座は全てのトレードする可能性の有るポジションに有益ですね。
本体だって先消しの可能性がありますし、複利も先消しやピンポン、それにヘッジと…トラップ以外の全てと言っても良いでしょう。


ジョニーさんの口座の分け方を見ると…

本体6割、複利1割、ピンポン0.5割、トラリピ用2.5割

本体口座を高スワップ口座で行う場合は有用な分け方ですが証拠金が厳しいですね。
先ずですが、複利とピンポンは同じ口座で良いでしょう。
複利を消すのがピンポンの開始ですからね。

後は本体口座を私の様に無くすか。
複利の口座は利益分ですし割合が低いので、少々口座の信頼性としては不安でも証拠金の低い海外口座を使う手もあります。

私としては利益の割合としてスワップは低いので、2つ程度の口座の使い分けで十分と思っています。


ジョニー>
なるほどです!
引用部分
同じ口座内で2つ3つの意味を管理した方が、安定性も出て資金移動の必要性も減ります。
なので資金は口座の特徴として有用な分け方をし、意味合いは脳内やメモ帳などで管理します。

ジョニー>
この部分とても私には考えつかなかったので、新鮮でした!
エクセルで管理している以上全部は難しいですが、ピンポンと複利系口座の統一、トラリピ口座で本体を持つ、検討してみたいと思います。
ありがとうございました。


スポンサーサイト

利益割合についての質問

魚屋さんに質問をさせて頂きました。

>ジョニー
利益割合について
いつも、有用な手法の解説をしていただきとても助かっています。
最近、複利ロングやショート固定を真面目に建てていくことで、利益が伸ばせるようになってきているのですが、ふとおもったので質問させて下さい。
魚屋さんは、月間利益の内訳はどのような割合なっていますか?
トラリピ○割、ショート10銭抜き、ショート固定○割、複利ロング○割、ピンポン○割という感じで答えて頂くと、今後の利益の運用への割り振りとして参考にさせてもらえると思いますので、よろしくお願いします。

>魚屋さん
裁量の好調な時はトラップ益は1割未満程度です。←(これにはジョニーは驚きました!すごすぎる,,,)
さて、ジョニーさんからのご質問ですが「月間利益の内訳」ですがケースによって違います。
(10銭抜きは塩漬けによる複利ロングの先消しや1銭抜きスキャルも含む)

ですが「月間利益の内訳」と言われても難しいですね。
それぞれが得意不得意な相場展開があり、その内容により割合も一気に変わるからです。
10銭抜き、ショート固定:下落
複利ロング:上昇
ピンポン:レンジ
それも単純に下落とかでは無く、4円上げて塩漬けならず7円くらい下落とか、下落前の値動きからして割合に影響が出るからです。
なのでかなりの内訳パターンが出来てしまいます。


仮想建値が4円逃げ切っている時に下げ相場。
トラップ1:10銭抜き5
(これは出口まで3円の時に10銭抜きが生き残っていれば一回8万通貨ヘッジ出来るので大きな利益を残せます)
(7万通貨の7円反発=出口時49万円、トラップで半分使用、残り25万円を3円で割れば8万通貨)

仮想建値がとんとんで下げ相場。
トラップ1:10銭抜き2

上げ相場ではかなりの確率で塩漬けになりますので一旦は1:0に…
ですが塩漬けによる複利ロングの高速建ちにより最大複利ロング数まで10銭抜きを行えば再び再開です。


ショート固定は下げ相場では1月で大体3万~本体完全保障まで建てている感じです。
ただ仮想建値に使ってしまう事もあるので3万より少なくなる事もあれば、下げ相場と思い本体以上に増やす事も。
利益自体は本体完全保障して10円下げれば70万ですし、4円程度の下落なら28万円と下落幅依存になります。
ですが切られる事前提のポジションなので利益と考えず、最初の1月程度建てたら10銭抜きの益は固定に回さず仮想建値側に回す事が多いです。

上げ相場…開始直後は不安で出口より近めで行ったりするので、ショート固定は切られちゃって残らないです。



複利ロングは3分割の時は1月で大体1万通貨程度建てている感じです。
利益は出口までの距離となりますので建てた時の出口までの距離次第となります。

10銭抜き塩漬け時の複利ロングは3万~10万くらいすぐに建ち、ポジションが増え過ぎ怖くなるので先消し等を多用して仮想建値化しています。
トラップ1:塩漬け複利派生益3くらいでしょうか。

どちらも下げ相場の時は切られるのでゼロになりますが…
3ヶ月程度で上抜ければトラップ1:複利ロング2~3くらいでしょうか。


ピンポンは連続成功を続けた3ヶ月目とかには威力が有ります。
トラップ1:ピンポン3くらいでしょうか。


結局、元気な所を伸ばせばトラップ益より裁量益の方が大きくなります。
そこで前記事の履歴を管理せずに瞬間を切り取るメモ帳方式に繋がります。

例えば情報を多くし過ぎ…
ショート固定3万通貨を仮想建値化、複利ロングの先消しで3万円分仮想建値化。

こんな情報があったとして仮想建値をショート固定に戻す時に3万通貨でやめちゃいませんか?
現在下落すると思っていれば3万通貨以上に、上昇すると思っているのならば以下にするべきですよね。

上下のラインでいくらになるか認識していれば防御も十分なので裁量が「いずれ」成功する可能性は非常に高いです。
ですが履歴が残っているとトレードが防御力依存では無く、履歴依存にひっぱられてしまいます。

私は理論は分かっていても精神的に弱いので、それを切り捨てる事を重視して履歴を残さず瞬間瞬間で管理する部分があります。


もちろん利益を残すには残すなりのメリットもありますし、期待値や相場展開毎の運用内容の強弱も理解できていないのでは残す必要があります。
ただ、そちらを暗記に任せても、ポジショントークにならないように現在値から常々防御力を割出し、ラインaとbどちらに抜けるか見解を出し、攻められる余力を割り出しているのです。

ご自分が理論と精神どちらが弱いか理解していますか。
あの時、こうしていればとか過去に思ってしまった事があるので、以降後悔の無いようにポジショントークに引っ張られない様に極力意識しています。

自分が出しえる最大限のパフォーマンスは実現したいですよね。
ただ、そちらに行き過ぎると無茶をしてしまう事もあるでしょうから防御は完全に意識しておきましょう。
儲けを求めるのは当然ですが、儲け過ぎないのが重要です。

ジョニー>
深いコメントに感謝しています。
答えにくい質問にご丁寧に質問いただき誠にありがとうございました。
そうですよね。くるくるワイドにはいろんな裁量の手法があり,それぞれ得意な相場局面があるので,何パターンもあるのですね。
それぞれの局面に合わせてご回答頂き,とてもくるくるワイドの感じをつかむことが出来ました。私の場合,トラリピ1:裁量1(複利L,ショート固定,ショート10銭抜き,ピンポン,その他高速複利など全部)ぐらいなので,まだまだ裁量が下手だな−と思いました。ですが薄々感じてはいたのですが,まだまだ効率を上げる余地があるということに気づくことが出来きうれしく思っています。
前記事の履歴を管理せずに瞬間を切り取るメモ帳方式,ポジションの暗記。とても気になります。正直私の場合その域には到底到達できていませんが,自分なりに今後導入を検討していきたいと思います。自分ならどうメモを残すか,今は想像すらできませんが,考えがまとまったらまた質問させていただきたいと思います。「瞬間瞬間で管理する」私には想像もつかないくらいに新鮮な方法でした。深いコメントいつもいつもありがとうございます。

トラリピの設定について

クロスパールさんに以下の質問をさせていただきました。

>トラリピの設定について
いつも拝見させていただいています。少し前になりますが、以前にコメントいただきありがとうございました。
私のくるくるワイドの方ですが、魚屋さんのブログを読みながら日々利益率の向上に取り組んでいます。
今後のステップとして、トラリピの利益を上げたいなと思って質問させていただきました。
質問内容ですがシンプルライフさんはトラリピの設定は範囲、通過量、利確幅、何銭ごとなど、オススメの設定があれば教えてください。
よろしくお願いします!

ジョニーさんへ、私もいつもブログ拝見させてもらっています。何を隠そう1回目のくるくるワイドから拝見しております。^^試行錯誤の末今の形に持っていかれてすごいなあと感心しておりました。さてご質問の件ですが「資金」「くるくるワイドにおけるトラリピ」「単純なトラリピ設定」の要素がなかったので私なりの解釈で進めさせていただきます。

ジョニーさんはユーロ円でくるくるワイドをされているのでくるくるワイドの設定を考えてみたいと思います。

通貨:ユーロ円ショート
設定:1000通貨・0.10幅・500円確定
くるくるワイドでおなじみのこの設定はオーソドックスではありますが最もいい設定ではないでしょうか?

通貨:ユーロ円ショート
設定:1000通貨・0.10幅・1000円確定
利確回数は減りますが収益は500円確定よりもあがるのじゃないかと思います。私は一時この設定でしていました。

通貨:ユーロ円ショート
設定:2000通貨・0.20幅・400円確定(せま割)
くるくるワイドでは確定益を使用していく手法なので最近は相場(狭い動き)ではこれも効率がいいと思います。

設定範囲は難しいですね。ユーロ円は今年の場合は120~150あたりかなあと考えていますがくるくるワイドの場合は下方向には理論的には無限にトラップを貼ることができますし上方向には利益しかありませんのであまり考える必要はないかなあと思います。くるくるワイドのリスクは基本ではありますがスワップ運用と同じリスクなのでそれさえ気をつければ範囲は気にすることはないんじゃないでしょうか?3つの設定を書いてみましたが「相場状況」にもよりますのでトラリピの利益を上げるのに一概にどの設定がいい?っていうのはないと思います。

トラリピの利益を上げていきたいということですがトラリピという手法自体がコツコツ利益を積み上げていくものなのでくるくるワイドをするのなら複利ロング→ショート追加を繰り返すのが最も利益が上がりやすいんじゃないかと思います。つまり幅は狭ければ狭い方がよく利益はユーロ円の変動幅を考えても500円~1000円確定がいいという結論です。

>ジョニー
お返事ありがとうございます!
第1回目から見て頂いてたんですね!とても嬉しく思います!
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

通貨:ユーロ円ショート
設定:1000通貨・0.10幅・500円確定
→この設定はやっぱり小動きでも、ある程度の動きのある相場でもバランスのいい設定なんですね。理解できました。

設定:1000通貨・0.10幅・1000円確定
利確回数は減りますが収益は500円確定よりもあがるのじゃないかと思います。私は一時この設定でしていました。
→これも良さそうですね!ただ小動きの時は利益回数が減りそうでボラがある時に試したいと思いました。

オススメの設定の中にはなかったのですが、
設定:1000通貨・0.05幅・500円確定
これについては、どう思われますか?
許容しないといけないリスクはあがりますが(私の設定だと倍のロングヘッジ通貨量が必要です)、単純に利益回数が小動きでも、ボラが高い相場でも、利益が増えるのではないかと思っているのですが?どう思われますか?

>クロスパールさんジョニーさん、こんにちは。
設定:1000通貨・0.05幅・500円確定
→この設定ですが有利なポジションを確保している(例えば120円10万ロングとか)もしくは十分ヘッジできる通貨量の資金がある場合はいいと思います。
ただそうは言ってもこれだと当たり前の答えで味気ないですよね。仮に資金300万・本体ロング8万で考えてみると上下に2円幅でショートトラップを貼ることが当面の基本になると思います。上に抜ける場合はノーリスクなので下方面だけ考えます。くるくるワイドで一番やっかいなのは下落→上昇の踏み上げパターンですよね。複利ロングが十分に建っていればこのパターンでもなんなくこなしていけますが2円幅だとすぐにレンジを外れそうです。もう少し伸ばしてみましょうか。さらに2円都合4円分下方向に1000通貨×80本トラップを引き底値から噴き上げた場合は本体ロング値で8万×2円でショートトラップは16万の含み損になっています。確か1000通貨・0.10幅・500円確定の月の期待値は5~6万程度だったと思うので1.5ヶ月ぐらいすればトラップ利益が同等になると考えます。こう考えると案外いけそうな気もするのですがどうでしょうか?
しかし私ならやはり基本の0.10幅で最初運用を行い、複利ロング+ショートトラップの時に間に差し込んでいくほうが無難かなと感じます。くるくるワイドは効率を最大限化するというのに優れているますがそのギアも上げ過ぎると暴走してコントロールできなくなるかな?とも思います。

>ジョニーお返事ありがとうございます。
なるほどショートトラップの密度を上げた分,下落してからの上昇時にリスクがあがりますね。
それに対して出口を下げることで,ショートトラップの含み損を減らし,142−138などの4円レンジの踏み上げに対応するのですね。
またこうすることによって本当は10万通貨ロングが必要なところを8万通貨ロングでヘッジに対応できるので,下落時のリスクも軽減できていますね!
いいあんばいの設定ですね!!とても参考になりました。
一気に利益を上げようとして5万通貨ロング~10万通貨にギアチェンジするところでしたので,本当にお返事いただき助かりました。
もう少し利益が積もった時点で導入を考えたいと思います。
それまでは,複利ロング・ショート固定の対応が良さそうですね。
ありがとうございました。
カウンター
ブログランキング
検索フォーム
ブログ村(PV)
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。