プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
2012年4月よりくるくるワイドを自分なりにアレンジして、FXの冒険の旅に出発しました。果たしてジョニーは財宝を手に入れることができるか!?
尊敬する人:
池上彰 スティーブ•ジョブズ
好きなミュージシャン:
Dragon Ash
趣味:
スノボ 登山 海外ドラマ
好きな映画:
グーニーズ
スタンドバイミー
バックトゥザフューチャー
スターウォーズ
パイレーツオブカリビアン
シンドラーのリスト
好きなマンガ:
マスターキートン
Naruto
20世紀少年
ブラックジャックによろしく
アイアムアヒーロー
仕事:
普通のサラリーマン

最新トラックバック
おすすめ証券会社
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
696位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

願いを叶えるドラゴンレーダー
おすすめトレードツール
おすすめアプリ
ブロとも一覧
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の戦法が成功!

昨日の戦法が成功しました!
久しぶりに予想通りで良い気分です^_^


スポンサーサイト

Fxの時給換算

最近月あたりのFxによる収入が10万を超えてきました。
しかし、今まで投資の勉強に費やした時間も多大だと思います。楽しみでやってましたが、決して楽ではなかったですね。
そこで、今までに費やした投資の時間は計算できないですが、今の投資に費やす時間から、時給だとどれくらいなのか、把握しておきたいと思いました。

私の場合、投資に費やす時間は、ニュースを見る、取引をする、計算チャートを修正する、ブロクを書く時間に相当します。
平日(月~金)では20分
休日(土、日)では計算チャートを修正したり記事を書くのに40分
それぞれかかっています。

合計すると、週あたり
(20×5)+(40×2) = 180分

月あたりだと
180×4=720分

時給は
100000÷(720÷60) = 8333円/時間

アルバイトとして見たときには、かなり破格の金額ですね!FXってすごい、、、

ここまで来るのに、勉強にかなり時間を費やしていますから、一概にはいえませんが、今だとこれくらいかな。

そして、これからも利益アップを目指せるのがFxのアルバイトにないメリットですね!

これからも頑張っていきたいと勇気づけられる結果でした。




ECB ドラギマジックくるでしょうか?

ドラギに始まりドラギに終わるというぐらいに今日の発言は大きな局面になりそうですね。政府だけでなくしびれを切らしたヘッジファンドの動きも今日で活発になりそうですね!
取り敢えず動きに注目してみます。

小動きすぎて確定益がたまらない

小動きすぎて確定益が溜まりにくく巡航速度が低下しています。ATR0.8-1.0ぐらいだと20銭~30銭の動きをとらえないといけない感じ。この小動きをトラリピ以外の裁量で上手く取れる戦略考える必要がありそうです。これが下手くそなんですよねーわたしの場合。




あーそれともう一つ、
確定益が貯まる速度が低下してきている理由は、

↑このように今の小動きの範囲内に複利系とトラリピしか利益を産んでくれないことにあるようです。
ピンポンしてないことが、原因だとおもいます。
巷での下落リスクであまりポジションを持たないようにというニュースが流れ、それに影響されてポジション持つのを少し躊躇しすぎたせいかもしれません。
待つというのも正しくはあるのでしょうが、コントロールされているリスクなら取るべきなのかなとおもいました。
こういう時でも攻めの利を持ちたい。
ポジションは持たないことのほうが、リスクである。
くるくるワイド的に考えるとこうなるのかな。
まだ普通の裁量トレードの感覚が邪魔しています。
あーなんか書きながら、思いついてきました。
こういう時は、両建てピンポン開始、どちらかに抜けたら、片方利確、残りの塩漬けに対して高速複利、そこからの連鎖も狙う。
これなら即効性が高そうかな。
よしこれで行こう!

皮算用

最近気づいたことがあります。
というか遅いのかもしれませんが、
くるくるワイドの設定は12月の設定からトラリピの幅や通貨量、利確幅などは変えていないのに、そして、相場のボラも少ないのに確定益の溜まる速度が落ちないというか、微増しているのはなぜなのか?
よくよく考えてみると、くるくるワイドは確定益の半分程度を使って複利ロング•ショート固定やピンポンを行っています。これはつまり、リアルタイムに複利運用を行っていることになります。
実際私も、確定益が溜まるごとに複利系のポジションを建てていっていますが、これによる確定益も昔に比べて随分と増えてきています。ポジションが切られていないせいもありますが、複利系に回す資金が増えてきている影響が大きいように思います。
普通のシストレやトラリピなどは、設定をある程度利益が溜まったところで、通貨量を増やすなど設定を変更したり、あらたな第2セットを組んだりして利益の増加を目指すので、利益率を急にあげるのは難しいというか、設定変えるまでは一定のままということになります。
しかし、くるくるワイドの場合、今組んでいるくるくるワイドの確定益の約半分(割合は人にもよるとは思いますが、魚屋さんも5割っていってたので私も5割です)をほぼ常に運用資金に回していることに、なります。まさに効率的な複利運用ですね!くるくるワイドってネーミングピッタリですね。このことによりリアルタイムにそして複利的に利益率の向上が
理論上可能になっています。
これってくるくるワイドの大きなメリット部分に相当しますよね!

このことに最近あらためて気づき、それがどれくらいのスピードで増加していくんだろう?そして年間利益は合計でどれくらい可能なのか?気になってきたのでエクセルで計算してみました。

計算の流れは、
直近3ヶ月の月間利益の平均は約9万円
12/17日から始めた時、くるくるワイド5円下を損切りポイントとした時の許容しているリスクは約30万円(くるくるワイド1回分のリスク)でした。
要するに、30万円を元本に対して、月あたり9万円の利益ということになります。
なので、月利に直すと30%もあることになります。
いまの運用スタイルだと、元本に対して月あたり30%の利益が生まれ、その利益の半分を運用資金に回し複利運用、残りは保管利益としてプールしておく(運用資金ではないので複利はつかない)。
これを1年繰り返したらどうなるか計算してみました。

結果は






でした。
理論値ですが、これはあまりにもすごすぎる結果になりました。
1年後理論的には30万円が総元本合計3200万円!?
あり得ない数字ですね!多分計算は何回も確認したので、大筋まちがいはないとおもいますが、それでも疑ってしまいます。
実測値ともズレがあるので、計算が間違ってないするとと直近3ヶ月で出した月利の値が怪しい。
たまたま損切りにも合わす、成績が良かったのかも、、、
なので、実測値に理論値の曲線が重なるように月利の値を下げながらカーブフィッティングを行ってみると、月利17%ぐらいでいい具合に理論値と実測値が重なります。
最適化した結果は






1年後の総元本合計は約850万ぐらいに、かなり下がりましたが、こちらの方が今現状の利益増加に、あっています。
それでも、30万が850万になるんだから、やっぱり複利は恐ろしい!

計算シート作った本人が結果を、信じれずにいますが、複利ってこんなものなのかもしれませんね。現実に自分の感覚が着いてきてないのかも、、、
そして、これがくるくるワイドの真の姿なのかも、知れませんね。

まーあくまで理論値です。計算間違ってたらごめんなさい!あくまで皮算用です。

計算出すまで気になって仕方なかったのでとりあえずスッキリしました。長文なりましたが、読んで頂きありがとうございました。
カウンター
ブログランキング
検索フォーム
ブログ村(PV)
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。