プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
2012年4月よりくるくるワイドを自分なりにアレンジして、FXの冒険の旅に出発しました。果たしてジョニーは財宝を手に入れることができるか!?
尊敬する人:
池上彰 スティーブ•ジョブズ
好きなミュージシャン:
Dragon Ash
趣味:
スノボ 登山 海外ドラマ
好きな映画:
グーニーズ
スタンドバイミー
バックトゥザフューチャー
スターウォーズ
パイレーツオブカリビアン
シンドラーのリスト
好きなマンガ:
マスターキートン
Naruto
20世紀少年
ブラックジャックによろしく
アイアムアヒーロー
仕事:
普通のサラリーマン

最新トラックバック
おすすめ証券会社
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2080位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
710位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

願いを叶えるドラゴンレーダー
おすすめトレードツール
おすすめアプリ
ブロとも一覧
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUD/JPYついに、120日線を割る

ついに、120日線割り込みましたね。これ割ると、さらに下に動きそうですね。もう恐いので、豪ドル円は撤収して、EUD/JPYに切り替えます!!

スポンサーサイト

4月月間収益

AUD/JPY ショートトラップ:小計+96,601円  + 97,650円 スワップ -1,049円 
AUD/JPY 買いヘッジトレード:小計-232,342円 トレード損益-242,226円 スワップ+10,124円 取引手数料-240円
合計:-135741円
※くるくるワイドは機能していませんので、正確には裁量+トラップトレード損益+損切りの合計として、備忘録として載せています。6月からはくるくるワイドの正確な損益が載せれると思います。 

            

やっぱり五月の相場だった。

このグラフよくでてきますね!
やっぱり五月は荒れるというのは、通例のようですね。



(出所:日経新聞)
それにしても、総資産膨らみすぎていますね。そりゃQE縮小しそうですね。そして、縮小してからどうなるかなんて誰にも解らないんでしょうね。

パラダイムシフトが起こっている

社会の認識が劇的に変わることを「パラダイム・シフト」と言うようですが、つまり去年までは、ユーロ圏の財政危機の深刻化や景気悪化を示す経済指標が出ると「セーフヘーブン」として、ドル、円、スイスフランの3つの通
貨が買われました。しかし、最近では逆に景気改善を示す指標が発表されるなどしてリスク選好が強まるとドルが買われる傾向が鮮明になってきています。「セーフヘーブン」のドルがリスク通貨に変わったということです。
、ここ半年で投資家のパラダイム・シフトが起こったと言えます。

豪ドル円にとっての悪いニュース

ロイターは、円相場の急激な下落で儲けたヘッジファンドが、今度はオーストラリアドルの下落に賭けていると伝えました。商品ブームが終わったとの見方が背景です。特に自動車大手フォードがオーストラリアからの撤退を発表したことに注目、それ以降オーストラリアドルの下落で利益が出るポジションを膨らませているとしています。
またまた嫌なニュースです。
戻りが弱くなりそうですね。

まだまだ荒れた相場

今までは、円独歩安、さらにその後はドル独歩高、と相場が展開してきました。ドル高はなおも不変な感じですが、日本経済の好転のもとでドル以外の通貨に対して「円安」が進むかどうかはわからなくなってきましたね。特に豪ドル円はこのことの終わりの始まりのような気がしています。
もう豪ドル円やめどきですかね。

話は変わりますが、もし今の相場で最近検討している安定型くるくるワイドをしていたなら、この急落の後、もう少し相場が落ち着いてきたところで、25000通貨のヘッジを建てれば、上手くワークしそうだなーと思いました。
やはり、相場が大きく動いた時点で、次のアクションが取れる余裕が心理的にも、資金管理にも重要と教えてくれた、相場でした。

バーナンキ恐るべし言及

バーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長が前日の議会証言で米量的緩和策縮小の可能性について一部言及したことで、凄い下げがおこってしまいました。
一瞬上がる場面を見せたところからの、急落下。
今の相場はランダムウォークの体現といったところでしょうか?
うーん、、、もう裁量で損失を軽減するにはかなり難しい相場になってきました。まったく読めないし、動けない。しばらく何もせず耐えるのみですね。

水曜日はバーナンキの発言が要

水曜日のバーナンキ議長の証言内容が要になりそうですね。このままドルが上昇するのか?再度調整売り局面入りか?バーナンキ議長の証言内容次第です。
あと、もう一つ気になることは、豪州の景気も、鉱山投資ブームのピークや財政緊縮、「豪ドル高」により、今年はトレンドを少し下回る見通しらしいとのことですね。ふたつが重なると、今回のバーナンキの発言で、調整になると大きく下に振れそうです。
もう下に振れないでほしいです。


100円でサポートして欲しい。

これ以上下げて欲しくないです。



豪ドルが、弱い

USDだけでなく、NZDに対しても弱さが目立ちます。
NZドル買い・豪ドル売りの動きが続いています。オセアニア通貨でのNZドル>豪ドル はぁー
なぜ、豪ドルだけ、、、
もっと早く気付いとけばよかった。

安定型くるくるワイド

第3回目のくるくるワイドでの失敗から、通常のくるくるワイドでの欠点(自分のトレードスタイルに合わないという意味)をまとめ、修正したくるくるワイドのモデルを作成しました。

以下に通常のくるくるワイドやってみた結果,自分の場合に感じたの欠点を挙げ,修正案を書きます


①【買いヘッジの損切り確定額の大きさと心理的ダメージについて】
通常のくるくるワイドでは買いヘッジには、スワップ運用で強制ロスカットされないぐらいの、かなりの大きさの通貨を持つことになります。私の場合、300万円の資金で、豪ドル円の場合100円から50円の下落を想定し、5万通貨を買いヘッジしてました。)
しかし、5円下落した時は、5万×5円=25万円の損失を確定しなくてはならないことや、レンジ下限や上限でさらに、反発が予想されるときなど、ポジションを持ちたい位置にきても、もうすでに5万通貨持っているので、身動きが取れないこと。
つまり、口座ごとロスカットされる程の損失ではないけど、自分にとって心理的ダメージが大きく、後のトレードスタイルに変調をきたす可能性があることが欠点でした。

《改善策》
1)買いヘッジを半分の25000通貨変更する。
2)ショートトラップは通常のくるくるワイドと同じ様に貼る
3)次に、相場が上昇していき、レンジ上限に近付いてきたら、ショートヘッジを買いヘッジの半分量25000通貨建てる
そのまま上昇して、買いヘッジの出口まで到達すれば、買いヘッジは利確、ショートトラップは含み損決済。
(この状態では買いヘッジの確定益ーショートトラップの含み損=0、プラスショートトラップの確定益)
ここで、通常のくるくるワイドなら、ショートヘッジも損切りするが、損切りしたくないので、上抜けたショートヘッジをそのまま、くるくるワイドの本体ヘッジとして、活用します。
ショートヘッジを本体ヘッジにして、上下に私の場合なら、5円の買いトラリピを貼って、仕切り直しをします。
こうすることで、通常のくるくるワイドに比べてショートヘッジの損切りの確率を減らして、カバーできる幅を広げる(5円→9円)ことができます。


4)下落時は上昇時の逆で、4円下落してきたぐらいで、買いヘッジ2万5000通貨を建て、ショートトラップを貼り直します。通常のくるくるワイドに比べて、買いヘッジを半分2万5000通貨にしているので、損失も約半分になり、強制ロスカットまでの余裕が生まれます。


②【カバー幅(5円)の狭さ、おおきな下落時の対応力の弱さ】
大きな下落のときは、買いヘッジ下半分5円の値幅だと、ほとんどリピートを重ねないまま損切りしないといけないこと。
つまり、確定益で仮想建値を下げることでは、ついていけないということ。
ショートヘッジを買いヘッジより下の下限で持つことで損失軽減できるが、レンジ下限では、反発のリスクが大きくなり、成功率が低いこと。
やはり理想はショートヘッジは買いヘッジより上の上限で持ちたいと思ったこと。(逆に買いヘッジは下限で持ちたい)
総じて通常のくるくるワイドは、上昇時のリスクはほとんどなく、というか、買いヘッジの大きな攻撃力で、利益が乗るが、下落時のリスクへの対応力には乏しく、言い換えると上昇相場でのみ、当てはまる攻撃型くるくるワイドとなっていること。

いまは豪ドルが上がり切っていてこれからもう少しあがるかそれとも大きく下がる場面では、リスクが高く、当てはまらないモデルではないか?

《改善策》
①の改善策で書いたように、下落したときのショートヘッジや買いロングを本体ヘッジに活用し直すことで、カバー出来る範囲を増やすことができます。
下落時に、ストップ値まで達して損切りするときも、5円ごとの損失確定が約半分になり防御力が高くなります。

③【出口に到達した時点でのショートヘッジの損切りについて】
通常のくるくるワイドの場合買いヘッジの半分の通貨量でショートヘッジできますが、買いヘッジが出口に到達した時点で、ショートヘッジは損切りになってしまうこと。
というか、買いヘッジを最初に半分にして、ショートヘッジを持たない場合と損益が変わらないということ

《改善策》
①で書いたようにショートヘッジや買いヘッジを本体ヘッジに活用し直すことで,損切りの可能性を低く出来ます。

④【スキャルピングの機会の少なさ】
通常のくるくるワイドでは、ショートヘッジするタイミングぐらいでしか、安全に(失敗すれば損切りせずにヘッジに移行ができるという意味で)スキャルピングができないこと。
本当はレンジ下限とかで買いスキャルピングもしたいと思ったこと。

《改善策》
通常のくるくるワイドよりも、通貨が、半分になっているので、1回の確定益は減りますが、レンジの上限付近で、失敗したらショートヘッジを持つつもりで、ショートスキャル。レンジ下限付近で、失敗したら買いヘッジを持つつもりで、買いスキャルと機会が増えます。ショートヘッジや買いヘッジがレンジ内を往復して、利確すればばするほど、再度買い売りのヘッジを建てる機会が増えるので、スキャルする機会も増えます。

【まとめ】
最初の買いヘッジを半分にしたことで、レンジ上限や下限に達してしまったときの、余裕を増やし、次の反発などの動きに備えることができるのではないかと考えています。

メリット:
①ストップ値まで下落した時の損切り額が約半分になり,下落への防御力が増す
②同じ資金力で比べた場合カバーできる範囲が約5円→9円と約2倍近くに広げることができる
③ショートヘッジ・買いヘッジを損切る確率を(本体ヘッジへの移行によって)下げることができる
④スキャルピングの機会を増やすことが出来る
⑤本体ヘッジを持つ位置を通常のくるくるワイドよりもコントロールしやすい?←これはなんとなくそう思っているだけかもしれませんが,,,
⑥長期的トレンドが揉み合い相場の時,通常のくるくるワイドよりもワークしやすい←これも思っているだけかも
逆に通常のくるくるワイドは長期的トレンドが上昇相場の時に有利

デメリット:
①出口まで上昇時の時の確定利益が減少する。(本体買いOR売りヘッジートラップの含み損=0,+トラップの確定益,+ショートヘッジ・買いヘッジの確定益)

こうしてまとめてみると(あまりうまくまとまっていませんが,,,)25000通貨に減らして,ショートヘッジ・買いヘッジを本体ヘッジに移行を行うことでメリットが多く感じられます。

とても長い長文になってしまいましたが,次回からこのモデルで再スタートしたいと思っています。
果たして,財宝を手に入れることはできるのか!?

大きく動きました!このまま上昇していきそう。

なかなかの急騰でしたね。21日線をはっきり超えたので、このままの勢いで上昇していきそうですね。円安の流れ復活でしょうか?私自信のトレードははっきりいって予想が外れてしまい、100円ぐらいで建てた25000通貨のショートヘッジが50000円くらいのマイナスになっています。まだ挙げそうなのに絶望的です。さらに、99.6円で建てた買いヘッジ50000通貨をあろうことか、利確してしまいました。
今回の判断ミスではっきりいってくるくるワイドは崩壊です。くるくるワイドとは呼べないですね。恥ずかしいですが、今後の失敗を後に活かす意味で反省の意味を込めて書いておこうと思います。敗北要因はというと、激しく上下に乱高下する相場だと思って、早めの利確をしてしまった(予想して判断する前より、もっとはやく、くるくるワイドを設定する段階で想定範囲内にしておかないといけない)。次にレンジ下限で下がると思ってショートしてしまった。最後にくるくるワイドをよく理解していないままトレードに、参加してしまったことだと思います。
今回の失敗で自分なりに理解した部分があるので、次回の仕切り直しには、再チューニングした、くるくるワイドで挑戦したいと思います。
三回目くるくるワイドは崩壊しましたので、あとは裁量で出来るだけ損失を減らすことだけ考えます。







Eye-Fi Pro X2 16GB Class10 これで一眼レフからスマホへ自動転送がスムーズに!

Eye-Fi Pro X2 16GB Class10 を購入しました。
前々から一眼レフからスマホ・PCへの写真転送が手間がかかり,せっかく撮った写真をブログに載せることが億劫になっていましたが,これがあればそんな手間暇から開放されます。特にダイレクトモードでは,外出先でWIFIがなくてもスマホに転送出来ますので,一眼レフ→スマホ→SNS・ブログアップの流れが劇的にシームレスになります。
また使ってみた感想をブログでレビューしようと思います。

Eye-Fi Pro X2 16GB Class10

新品価格
¥8,376から
(2013/5/4 12:59時点)


そろそろ動きそう!三角保ち合い

そろそろ動きそうなチャートのかたちになってきましたね。さあどちらに動くか?はっきりいってわかりません。
くるくるワイドは上にはリスクはないので、下落に対処しないと、ですね。
いま考えていることは、大きくうごきそうなので、下に動いた時は、100円割りそうなときに、ショートを25000通貨建てようと思います。




カウンター
ブログランキング
検索フォーム
ブログ村(PV)
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。