プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
2012年4月よりくるくるワイドを自分なりにアレンジして、FXの冒険の旅に出発しました。果たしてジョニーは財宝を手に入れることができるか!?
尊敬する人:
池上彰 スティーブ•ジョブズ
好きなミュージシャン:
Dragon Ash
趣味:
スノボ 登山 海外ドラマ
好きな映画:
グーニーズ
スタンドバイミー
バックトゥザフューチャー
スターウォーズ
パイレーツオブカリビアン
シンドラーのリスト
好きなマンガ:
マスターキートン
Naruto
20世紀少年
ブラックジャックによろしく
アイアムアヒーロー
仕事:
普通のサラリーマン

最新トラックバック
おすすめ証券会社
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
437位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

願いを叶えるドラゴンレーダー
おすすめトレードツール
おすすめアプリ
ブロとも一覧
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踵落し(調整)をかわせるか!?




踵落し(調整)が、予想を上回っています。ついに140円を割ってしまいましたね。やはり3円の見切りは考えが浅かったようです。
大発会からといい調整といい、最近良く予想を外します。ボリン+2αから-2αを超える下落みんな予想できたのでしょうか?そして耐えれているのでしょうか?
ギャンルールの第25条:「天底に関する憶測の禁止」 相場の天底に関して勝手な憶測を行わないこと。
この言葉が耳に突き刺さりますね。
145円でショート固定してれば、損切りポイントを下げて一歩下がることができたのに、悔やまれるところです。

さて、どうするか?

状況理解からはじめると、次の支持線はフィボナッチの
50% 138.38
61.8% 136.78
そして上昇トレンドの最終防衛ライン120日線 135.75
最悪を考えるとやりすぎのようには思いますが、120日線付近の135ぐらいまでの調整を意識しておきたいと思いました。

最悪の事が起こった場合、今のロング過多14万通過所持のままでは、損失は許容範囲を余裕で、超えてしまいます。
下落についていくことなんて、出来ないです。ということで、135円までは追っかけない。

次に元々の137.1の損切りポイントは一応今までの確定益で得た額の範囲内で収まっている(-45万)ので、元本割れではないです。しかし、この、確定益を一度で失うのはやはり辛い、、、約7ヶ月で貯めた利益ですし、あと仕切り直してからも、確定益が残っている方が損切りポイントを下げる時など、いざという時の武器としておける。

つまり自分としては137.1まで待つのも得策ではない。

そして損切りは出来るだけ避けたい。
ならどうするか?

現在の状況は、ユーロ円139.8時点でトラリピは含み損なし、買いヘッジとショートヘッジを合わせた含み損は-28.5万 今回のくるくるワイドで得た利益は約+11万 -28.5+11=-17.5万 実質の含み損は-17.5万円。
もしここで、ロングと同量のショートになるように蓋をすれば、どれだけ下に行かれても、損失は17.5万円のまま。損失保存できる。仮想的にノーポジに近い状態です。
またこれなら、2ヶ月あれば、くるくるワイドの確定益で安定したポジションを立て直せそうです。
加えて、現在のショートヘッジの利益分と同量のロングヘッジを相殺して決済して、全体的にポジションを軽くしておこうとおもいます。
よしこれでいこう!

ここまで考えてだめなら、仕方が無い。
次にこの経験を生かすことにします。

というわけで、
今回の防衛戦は損切りなしの、損失固定で手を打ち、取り敢えず相場が落ち着くまで様子を見ます!
スポンサーサイト

トレンドには逆らうな

先週末に発表された米雇用統計サプライズでしたね。
12月失業率は6.7%(事前予想:7.0%)と改善の兆しが見えたものの、非農業部門雇用者数変化が7万4000人(事前予想:19万7000人)と、まさに期待外れの結果
これは、今冬の北米大陸は過去20年間で最も厳しい大寒波が襲っていることが労働参加率の低下を生じた大きな要因となったとの噂です。

このような状況の中で、
ウォール街の格言の一つにも、“The trend is your friend”(トレンドは友)という言葉もあり、伝説の相場師とも言われるW・D・ギャン(1878-1955)の、いわゆるギャン・ルール(28のルール)の第5条にも以下のようなことが強調されていますとのこと。

[トレンドには逆らわないこと。トレンドに確信が持てないときは売買しないこと。]


その他にギャン・ルールの中で注目したいルール(抜粋)は以下の通りです。

第14条:「待つことの重要性」 我慢できずに手仕舞いしたり、待ちきれずにポジションを持たないこと。

第19条:「値頃感の禁止」 決して値頃感で売買してはならない。

第25条:「天底に関する憶測の禁止」 相場の天底に関して勝手な憶測を行わないこと。

補足事項として、相場を張る上では、「忍耐(Patience)」、「勇気(Nerve)」、「知識(Knowledge)」、そして「健康と休息(Health and Rest)」の4つが大事とのこと。(W.D.Gann’s “Twenty-eight Valuable Rules”より)

いやーためになります。
ユーロ円では、
週足、月足ともに上昇トレンド持続、140手前での調整の終りが予想されます。
この格言に従うなら、今は待つべきなのでしょうね。

しかし、私の場合137.1で損切りポイントが迫ってますので、この調整を上手く乗り切るのは、アンディ•フグの踵落としを140手前 わすか3円手前でかわす勇気が必要ですね。

3センチ手前でかわすのは、私にはまだ早いような、、、

反省点としては、やはり144-145の時にショート固定を出来るだけたくさん持っておくべきでしたね。2万通貨なら距離144-137=7円×2万=14万 3万通貨なら21万損失軽減でき、利確して確定益で損切りポイントを下げることで余裕が生まれていたことは言うまでもないですね。
大発会で上昇を予想していたためショート固定しなかったのですが、これが裏目にでています。
すべてはアンディ•フグの踵落し(調整下落)が繰り出される前に勝負は決まっていたということですね。
次こそは今回の失敗を活かして、踵落しに一歩踏み込んで行きたいです。


修正

前回の記事で、今回のくるくるワイドの損益が間違っていたので、修正しました。

第9回目くるくるワイドの現状 2014/1/19時点



気づいたら年が明けてしまいました。皆様今年もよろしくお願いします。去年からブログを始めて約7ヶ月、たくさんの方に見に来て頂いて大変実りの多い年でした。今年はもう少しくるくるワイドについてコメントを頂き、理解を深めて行きたいなと思っています。
ブログに書くことは人生始めてのことだったのですが、自分の考えや投資戦略をまとめることに、非常に役に立っているなと思いました。
他の人に、見られているという、程よい緊張感が良いのかもしれませんね。
さて、今年から何か新しくしないとと思い、くるくるワイドの現状の図をエクセルで書き直しました。少し簡略化して、毎回の書き直し作業の、負担を少なくするのが狙いです。前からnote anytimeというiPadのアプリで書いていました。これはこれで素晴らしいアプリで自由に図や字が入れれるので気に入っていたのですが、欠点は計算機能がないので、かなり書き起こすのに時間がかかってしまっていました。ノートPCを開くのは少し面倒で、モバイル性は低下しますが、やっぱりエクセルの関数による計算機能はとても便利ですね!!
いままで電卓叩いてやっていた計算を自動でやってくれます。これでかなり時間の節約になることに期待大です。
ちょこちょこ手直ししながら自分なりのくるくるワイドを、システム化して行こうと思います。
おっと私的な話が長くなりました。
肝心のトレードの方はというと、一次的ではありますが、トレンドフォローに従い、かなりのロング過多ですね。気づいたら下落へのリスクは確定益よりも多くなってしまっています。一応3万通過10銭抜きスキャルで下値を追いかける戦略ですが、少し怖いですね。もし140円切切るなら、ショートヘッジを建て増しして、蓋するしかないですね。まーそこまで下がらないという読みはありますが、、、
そろそろ読み通りなら調整は終わり時期が近づいてきていますね。
140円手前で跳ね返しが理想です。



12月月間損益

トラリピ確定益+トラリピ損切り決済
-18650円(内トラリピ確定益 円)
スワップ
-734円
小計
-19384円

ヘッジ(裁量)損益
32261円
スワップ
-949円
手数料
-1020円
小計
32190円

合計
12806円

12月は仕切り直しのため、利益がのりませんでした。まーこれもプラスなので、安定しているといってもよいですね。
カウンター
ブログランキング
検索フォーム
ブログ村(PV)
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。