プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
2012年4月よりくるくるワイドを自分なりにアレンジして、FXの冒険の旅に出発しました。果たしてジョニーは財宝を手に入れることができるか!?
尊敬する人:
池上彰 スティーブ•ジョブズ
好きなミュージシャン:
Dragon Ash
趣味:
スノボ 登山 海外ドラマ
好きな映画:
グーニーズ
スタンドバイミー
バックトゥザフューチャー
スターウォーズ
パイレーツオブカリビアン
シンドラーのリスト
好きなマンガ:
マスターキートン
Naruto
20世紀少年
ブラックジャックによろしく
アイアムアヒーロー
仕事:
普通のサラリーマン

最新トラックバック
おすすめ証券会社
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
512位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

願いを叶えるドラゴンレーダー
おすすめトレードツール
おすすめアプリ
ブロとも一覧
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9.5回目くるくるワイドの現状 2014/3/30

確定益が、溜まってきたので、下落へのリスクがそれほど怖くなくなってきたのでそろそろ、複利ロングとピンポンを入れていっても良さそうかなー。
いや、膠着状態が続いているので、まだ目先の攻撃力アップか?それならショート固定も混ぜていこうか?確定益の半分まで、あと4万円分をなにに割り当てるか考え中です。
あとポジションシートをピンポンを表現出来るようにしてみたのですが、まだ反映はしていません。(今は本体ヘッジとピンポンが混ざっています)
くるくるワイドってポジション管理が肝だと思うんですが、みんなはどうしてるんでしょうね。出口利益とか平均建て値とか確定益の使用分をメモしておく必要がありますよね。これがなかなかしんどいですよね。この労力をいかに楽にこなすことが出来るように工夫することが長続きのコツですね。改良もこれからの課題ですね。





スポンサーサイト

第9.5回目くるくるワイドの現状 2014/3/23時点

大分確定益が溜まってきたので、もう少しで下落時のリスクがゼロに近づいてきています。ショート固定を立てていなかったことによる失敗のため、3ヶ月かかってしまいました。もっと早くから建てていたなら、いまごろウハウハなんだろうなーと思いつつ、これも勉強ですね。
取り敢えずは、ウクライナのことで、下落リスクが懸念されますが、安心して下落を待てそうです。
この精神的に安定した状態を作りやすいのも、くるくるワイドをやっていて良かったなと思う瞬間でもあります。




第9.5回目くるくるワイドの現状 2014/3/12時点

挙げてくれたおかげで、ショート固定がいい位置でたくさん建てれました。最近は基本に忠実にショート固定がモットーです。ポジションシートでも、下落へのリスクが軽減しているのが、わかります。ショート固定ってすごい!そう思いました。ちゃんと建てれば、下落に対応できそうですね!


予想はできないが結論

ウクライナ情勢で上値が重く、上には抜けないだろうと、予想していた人多かったんじゃないでしょうか?
結果は私を含め大外れ、、、
結局相場なんて読めないが結論ですね。
だから上にも下にも確定益が発生するようにポジションを組む、確定益が貯まるまでの時間が稼げるようにポジションを調整する、相場の読みは優先順位としては、その後でもいいかな。


第9.5回目順くるくるワイドの現状 2014/3/4時点



下落へのリスクを少なくするために、ショート固定を、建てていっています!

2月月間損益

トラリピ確定益+トラリピ損切り決済
-76150円(内トラリピ確定益 円)
スワップ
-1310円
小計
-77460円

ヘッジ(裁量)損益
150890円
スワップ
706円
手数料
0円
小計
151596円

合計
74136円

調整を、もろにくらってからのポジション立て直し、プチ仕切り直しなどで、利益が伸びてないですが、回転力や攻撃力は維持しながらなので、プラスで抜けています。しかし、あまり両建て外し上手くいっている気がしないですし、ウクライナのこともあるので、ドカンとやられそうです。回転力を、落とさず逃げ切るまで時間との勝負ですが、その時間がかなり不確定要素です。今はなぜか三角保ち会い維持していますが、いつ動いてもおかしくないですね。堅実に少し浅めの目安でショート固定たてることしか対策は思いつかない状態です。うーん下落怖い、、、そう思ってしまう自分はくるくるワイドを扱うものとしては、未熟ですね、、、

ウクライナ情勢について調べたこと

最近ウクライナのニュースが耐えませんね。はー、、、戦争なんてパラリンピックの時に、起こさないでいいのに、、、

でもそんな事ばっかりいってられませんね。ユーロを取引する上では知っとかないわけにはいかないと思い、ググりました。(世界情勢と言う意味では、ユーロだけでなく全通貨ですね)

どれくらいウクライナという国が世界経済に及ぼす影響があるのか?これをトレーダーとしては把握しておき、下落リスク?に備える必要がありますね。

ウクライナは決して大きくない国で経済規模も小さいので、そんなに影響ないのでは?、、、
なんでロシアここまでするんだろ?ちょっと過剰じゃないか?

予想と違いました。

東欧を制する者が世界を制す ~ウクライナを取り巻く地政学環境~
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50722585.html


この記事によると、

「東欧を制する者がハートランドを支配し、ハートランドを制する者が世界島を支配し、世界島を制する者が世界を支配する」という広く知られたフレーズには、東欧を含めたハートランドの重要性が込められているのです。アレキサンダー大王もナポレオンも、そしてヒトラーもハートランドを掌握することを目指しました。

ハートランドとは東欧より内陸を「中軸地帯(Pivot Area)」つまりウクライナを含む地域ですね。

昔から、ウクライナは陸上交通の要衝となっていたんですね。海に囲まれた日本とは違いますね。

国家というのは基本的に地理によって制約される。地理的制約が国家の性格の基本の部分をつくり、さらには対外国の姿勢の基本部分をつくり、そしてそれらはきわめて厄介なことに、その時代々々の国家が持つ意思以前のことに属する。
(司馬遼太郎、『坂の上の雲〈3〉』、67ページ)

悲しいことに昔からこの事実は変わっていませんね、、、そしてロシアが本気になることもわかりました。

地に縛られた人間に絶望したシャアの気持ちわからなくはないですね。(ガンダムネタです)

地政学的にみたところウクライナはロシアにとって、ユーロにとってかなり重要だということがわかりました。

少し話が脱線しますが、ガンダムのオデッサ作戦のオデッサもウクライナなんですね。たしかオデッサ陥落後、連邦とジオンの勢力図は大きく書き換わったんですよね。マンガでも再現されてたんですね。よく調べてるなー


本当に人間は争うことやめれないな。

少し憂鬱な文章になって申し訳ありません。

ということで、3月はボラがただでさえ多い月とのことですが、ウクライナ情勢も加わって、下落なのか、上昇なのかの予想すらつけれませんが、十分に気をつけないと、やばそうですね。

悲しいけどこれ戦争なのよね。(またガンダムネタです。)



140円近辺で三角保ち会い

140円近辺で三角保ち会いですね。
ウクライナのことがあるから、下にも押しそうだし、どちらかわかりにくいですね。今のうちに堅実にショート固定を立てて行こうと思います。


カウンター
ブログランキング
検索フォーム
ブログ村(PV)
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。