プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
2012年4月よりくるくるワイドを自分なりにアレンジして、FXの冒険の旅に出発しました。果たしてジョニーは財宝を手に入れることができるか!?
尊敬する人:
池上彰 スティーブ•ジョブズ
好きなミュージシャン:
Dragon Ash
趣味:
スノボ 登山 海外ドラマ
好きな映画:
グーニーズ
スタンドバイミー
バックトゥザフューチャー
スターウォーズ
パイレーツオブカリビアン
シンドラーのリスト
好きなマンガ:
マスターキートン
Naruto
20世紀少年
ブラックジャックによろしく
アイアムアヒーロー
仕事:
普通のサラリーマン

最新トラックバック
おすすめ証券会社
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
512位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

願いを叶えるドラゴンレーダー
おすすめトレードツール
おすすめアプリ
ブロとも一覧
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次は噴水。日銀やりましたね!

すごい噴水です!正直サプライズですね。このタイミングでやってくれましたね。まー間に合わず買えなかったんですけどね。
消費税増税に向けた後押し政策ですね。日本も本気なんですね。
円安方向は持続しそうですね。
今回の上昇はほとんどがファンダメンタルによって決まった相場でテクニカル的な要素は少ないかと思いますが、
チャート上でもこの買いサインも上手く表現できています。
それでも買えない私は、サラリーマンだからということと、無駄なファンダメンタルに左右されたりチャートにまだ慣れてないからなのかな。
今回の勉強代も高くつきそうです、、、





スポンサーサイト

揉み合いにやられてます。



あれっ上げだったんですね!
一応テクニカル通りでしたが、ビビって蓋をしてしまったので、少し下でショートしてしまいましたね。
トレンドフォローの弱点。
それはトレンドが明確でないレンジ相場。教科書通りのようにやられています。135.5まで引きつけてからの上げだったんですね。
下落怖かったから、蓋をし直したわけで、、、
うーん。回避しようがないかな今回は。
そういえば、
こういう局面。よくあるん
ですが、私は苦手だなーと思いました。
下落サイン→本体ショート追加(蓋をする)→大きく下落→下げ止まりらしきところでショート利確→戻すのを待つ
この流れ一年で何度も経験があるのですが、更なる下落が恐ろしく、戻すのを待てなかったり、ロングを持てなかったりすることが多いです。
今回のように戻しが弱いなと感じるサインが出てる時は尚更怖くて蓋をしてしまいます。
次におこったらどうするか考えてみます。
チャートでいうとMAANGLEのスロープが頂点から縮小したところ、あるいはCCI(W1)が-100をうわ抜けたところでショートを一部利確し、残った含み益が出ているショートのポジションは残しておいて、それを担保に残りショートと同量でロングでスキャルすれば、こういう下落するかもしれないけど、よくある戻し相場でも、比較的に安全に攻めることができるんじゃないかなと思ったのでメモしておきます。
やはり一方向の予想だけだと、ダメですね。常に複数の目線。上にいっても下に行っても両方に対応しないとですね。

下落に対する持ち直しが弱いので、蓋し直し

また予想がはずれました(≧∇≦)
日足でボリンの-1σをうわ抜けて週がはじまりましたが、すぐに-1σを割ったのと、Cci(w1)が一時的に-100にリペイントされcci(D1)もゼロラインをうわ抜け出来ず反転したことから、巻き返しが弱いと判断しました。
また更なる下落は怖すぎるので、5万通貨本体ショートを追加して、蓋をし直しました。
神経質な相場展開ですね。
やはり、CCI(w1)だと、トレンド転換の確実性はsm_trixよりも低い感じですね。
でも蓋をし直せたので、良しとしよう!
引き続きトレンドフォローを心がけて行きます。

第9.5回目くるくるワイドの現状 2014/10/20時点






133に行くまででなんとか持ちこたえましたね。ですが、
複利ロングが切られ、いくらかは下落が落ち着きを見せてきたので、その辺りで本体ショートを利確で蓋を外し、ショート固定を利確しましたが、先週は10万くらいマイナスです。あちゃー(≧∇≦)
今週が上への戻しがしっかりあるかどうかで、くるくるワイドの明暗が別れそうです、、、
CCI(W1)が-100をうわ抜けしていますが、sm_trix(D1)はまだ下落トレンド持続。少し早めの蓋外しで、まだまだ下落トレンドが完全に転換とはいいがたい状況ですが、先週最後に大きな下ヒゲで引けていることと、ボリン-1σの上に位置しているので、上に戻すのを予想しています。
うーん。また予想してしまいました。
テクニカルのサインはまだ完全にはトレンド転換を示していないので、とても怖いです!!
さあ吉とでるか凶とでるか!?

これなんていう滝ですか?まさに絶景!

まさに絶景と言わんばかりの、、、
さすがのユーロですね。
動く時は、よく動きます。
複利ロングがさらに切られ、、、
本体ロングは蓋をしてあるので、恐怖感は無いのですが、損切りポイントを迎えるのは嫌だなーとか約1年分の利益が吹っ飛ぶのはもったいないなーとか。
でも、自分で蒔いた種ですからね。
納得はしています。
トータルでは損失ではないから、また仕切り直せば良いかな。
まー仕方ないか、、、
諦めモードですね。
仕切り直すのも、良い気分転換かも。

あと少し前から、未決済注文を見ているのですが、今回のように強いブレイクアウトのときには、全く当てにならないですねー昨日は135円にかなり厚い買いがあったのですが、あっさり割られてました。レンジ相場でしか機能しなさそうですね。今は134円に昨日と同じぐらい厚めの買い注文がありますが、これもあっさりいくんでしょうか?
チャート上ではもちろん強い売りトレンドが日足で持続していますね。
くるくるワイド的にはもう崩壊真近ですが、チャート観測は楽しいですね^_^;








メテオストライク持続。サインは出てた




いやー凄いですね下落。フリーフォールみたいに下がってます。
ただチャートではサイン通り、かなり良い感じでトレンドが読めています。

H1でのMA Angleという、インジのパラメーターを少しいじったのですが、これが良い感じで機能しています。
Sm_trixがサインが出た時トレンドが弱ければ、黄色で、騙しであることを伝えてくれます。これから重宝しそうな予感です。

くるくるワイド的には、損切りポイント133までやられそうです。損切りポイントまでいかれると60万ぐらいの損失です!
今の実力だと仕方ないか。
複利ロングも大量に切られて、かなりの損失です!あちゃー!まー利益だからいいんですけどね。次は複利ロングも建て方考えてないとですね。
やれることはやったし、失敗から得られる事も多かったし。辛抱して、ダメだったら素直に今回は仕切り直ししようと思います。

第9.5回目くるくるワイドの現状 2014/10/12







先週から利益ほとんど増えてないですね。下落に備えてポジション調整しました。
そろそろ9.5回目も潮時でしょうか、、、もっと前に一度仕切り直してたほうがよかったですね。
なかなか上下に溜まった塩漬けポジション解消にはいたりませんでした。
なかなかはずせないだよなー。
私が裁量チキンなせい。これが一番の原因です。決してくるくるワイドが悪いわけではないですね。くるくるワイドは今までよく私を守ってくれてると思います。

急激な下落時の対応2014.1.19時点振り返り戦略

最近の下落,2014年開始当初の上昇トレンドからの下落に似ている部分があるなと,自分のブログを読み返すことにしました。過去にさかのぼって,今の私が過去に行けたらどうするか?過去の振り返りも大事だと思ったので,レポートにまとめてみました。

テーマ:〈長期にわたる上昇トレンドからの大きな下落への対応〉
2014・1・19赤縦線付近のチャートとくるくるワイドの現状シート
スライド1

文字がぼやけて見難い場合はPDF版をどうぞ!
左の縦線から解説
白縦線①: CCI(14)D1が100下抜け→高値天井付近かもと判断し,→ショート固定少量建て
白縦線②: 天井ではなく,さらに上昇。CCI(14)D1が100下抜け→高値天井付近かもと判断し,ショート固定少量建て。ショート固定は確定益で建てるので塩漬けても特に問題なし。通貨量も少ないので建てるのに躊躇はしない。
青◯:バンドウォークが終了 1σ下抜け,しばらくしてCCI(14)D1が0を下抜け,上昇トレンド終了の合図,→本体ロングの利確,損切りを相当量行う。(出口時利益プラマイゼロ付近までポジション調整をおこなっても良し。なぜならくるくるワイドは出口時プラマイゼロでも,利益はトラリピの確定益と,裁量の利益があるので上等とかんがえる)
黄縦線:CCI(14)W1が100下抜け。さらにトレンドの終了を根拠付ける。→ショート固定少量建て,下落への確信度があればさらに本体ショートヘッジ追加,ショートヘッジ10銭抜きなど行う
赤縦線:2014・1・19時点 過去のくるくるワイドの現状シートではこのときかなりロング過多の状態。でも上記の通りポジション調整をおこなっていればこの時点で,かなりのポジション状態の改善が望める。
青縦線:SM_TRIXが下落サイン点灯,下落トレンド発生の合図→さらにショート固定や本体ショートを追加(この時,相場への確信度にもよるが,本体と固定を合わせたロングとショートの総量は同量ぐらいが妥当か?(これだとどんなに下落がおきても怖くないので。)
緑縦線①:CCI(14)D1がー100上抜け→底付近かもと判断し,→複利ロング少量建て,本体ヘッジ少量利確,ショート固定少量利確
緑縦線②:CCI(14)D1が0上抜け→下落トレンド終了の合図→本体ショートの相当量利確,損切り,少量複利ロング建て
オレンジ縦線:SM_TRIX上昇サインが点灯→上昇トレンドの始まり→本体ショートの相当量利確,損切り(この時,相場への確信度にもよるが,本体と固定を合わせたロングとショートの割合はロングが上昇へ有利になるように多めに設定。どれ位多めに持つかは,出口を何円にするかで決めるので,この時に,妥当な出口のレベルを再設定する。これは状況によるので裁量的な意味合いが多く,今のところ私にも未確定要素が多いかな。)

調整が終わらない。メテオストライク!









いやー!すごい下げですね。クリティカルアッパーと同じ大きさで下落の反動が来てます。まさかメテオストライクとは、、、さすがの堅牢なくるくるワイドでのリスク管理も崩壊寸前です!
まー私のポジション管理能力が低いだけのような気もしますが、ファンダメンタルに一期一憂せず、トレンドフォローでのテクニカルに忠実にトレードしてれば、、、今頃余裕。
いつもれば、ればレバー
こんなこと言ってるような気がしますが、着実に昨日より今日。
一歩づつ経験を積み重ねながら前進。
早くこのチャート使いこなせるようにならないと、流石にヤバイですね。
私の頭くるくる大回転!!
焦りで、文章が壊れ気味ですね。

少し冷静になります。

でもこの時期のチャート、トレンドが出たときにくるくるワイド的にどう動けば、乗り切れるか、あとで考察するのに、いい題材ではないかな。

そういえば年末年始からの動きも挙げてから急に下げて、窮地に追いやられたな。とか

あの時は、ショートで蓋をして、仮想的にゼロポジションにもっていって、それからポジション外し。

今回もこれに頼るしか今のところ仕方ないか。下落は怖いし、、、

でも、前は今のように、トレンドフォローのチャートは持ってなかった。

多分今回はチャートのサインに忠実に動いてれば、十分防げたはず、

今回の敗因は、チャート導入したばかりで、使いこなせていないことによる操作ミスが原因かな。
あと試行錯誤中の試しトレードによる無駄なポジション取りも原因かな。

少しは成長してるんだから、これも勉強代ということにしようかな。


そろそろ調整終了?まだサインは出てないので待ち

そろそろ調整終了して欲しいなー
と思ったらまだ続くんでしょうか?
待ちですね。








本体ロングの分散買いについて

クロスパールさんより,くるくるワイド開始時の本体ロング分散買いについてご質問を頂きました。

クロスパールさん>
くるくるワイドバーチャルをやっていますが、ジョニーさんは本体ロングは一度にとりますか? 私は200万に対して最大5万と考えて1万ずつとっていますがこの方法だと上昇したときにうまみがすごく薄くなるんですよね。

ジョニー>
多分,クロスパールさんのほうがくるくるワイドについて,お詳しいのではないかと思い,参考になる答えをできるか不安ですが,,,精一杯考えてみようと思います。

結論から言うと,本体ロングの分散買いは良い手だと思います。

私も殆どの場合について分散買いをしていると思います。ただ私の場合,クロスパールさんのように,システマティックに1円ずつ買い下がるというよりは,日足とか週足でのオシレータなどのテクニカル指標で押し目を確認してから行っています。これについては,一長一短があるので,どちらでも自分にやりやすい方法でよいのではないかと思っています。

本体ロング一括買いに比べて分散買いの良い点は,
一番有利な点は下落したしたとき,本体ロング一括買いより平均建値を下げることができ,下落へのリスクを軽減できるということですよね。私もそう思います。
通常のくるくるワイド開始の場合(本体ロング一括買い 5万)では,これは上昇トレンドでは出口で利益が乗る設定で,レンジ上限ではロング含み益を使ってショートヘッジもできるので,確かに上昇トレンドの場合は有効だとは思いますが,開始直後一方的に下げた場合,かなり防御力が下がってしまいます。おそらくいろんな手を売っても,5円下の損切りポイントでプラマイゼロにもっていくのは私では難しいと思います。(魚屋さんなら可能かもしれませんが,,,)
なので私の場合,通常のくるくるワイド(本体ロングの一括買い5万)は上昇トレンドがかなり強い時にのみ行う方法。つまりは攻撃型のくるくるワイドだと思っています。

さらにもうひとつ,分散買いのメリットとして,開始直後本体ロングより,一旦下落してから上昇して出口に向かうような場合についても,一括で買うより出口での利益を保ちやすいのも良い点だと思います。

次に分散買いのデメリットについて,
クロスパールさんも言われていたように,上昇出口での利益が減ることですよね。いまみたいな上昇しそうな相場なら,なんか損した気分になりますよね。
でも,もしかしたら予想が外れて、大きく下落するかも、、、そういう可能性はないとは言えないですよね。
やっぱり私の考えでは,くるくるワイド開始直後の一方的な下げは,くるくるワイドの最大の弱点だと思います。なので,たとえ上昇出口で本体ロングの含み益とトラリピの含み損がプラマイゼロになっても,トラリピの確定益分はプラスなので,プラマイゼロでも上昇へのリスクを完全に無くし,さらに分散買いによって下落へのリスクも軽減できるなら結果上等と考えます。
弱点の穴ふさぎをまず最初にかんがえる。これを一番大事に考えています。
私の場合,絶対上昇すると思った時に限って大きな下落。とても頻繁に起こることなので,,,

こう考えると,分散買いは一括買いよりも多くのメリットがあるように思います。
なので私の場合,開始直後の分散買いは,相場がレンジ相場あるいは,どっちにいくか読めない時に行う,バランス型くるくるワイドという位置づけです。実際私の場合こっちの考えの方を多用していると思います。(最初だけでなく,途中でよく本体のポジションバランスの調整のために,ロングしたり,ショートしたりして,バランスをとってみたりもしています。)

最後に,最初に本体ロングをいくら建てるのが良いか?
これはとてもバランスを取る上で重要な事項ですね。
一番最初に考えることは,出口を何円にするかですね。
言い換えると何円までの上昇へのリスクをゼロにするかを考えます。

たとえば
今の相場,137円とします。トラリピの設定は1000通貨,0.1円刻み,500円利確とします。
5円上の142円ぐらいが出口まで十分なゆとりがあると考えます。(くるくるワイドは,出口利益で稼ぐのではなく,出口と損切りポイントの間をプライスが往復した時に生じるトラリピの確定益と裁量で得た利益で稼いでいくという私なりの考え?からです)
それなら142円まで一方的に上昇してもリスクがゼロになるには,2.5万通貨ロング必要ですよね。
私の場合,ユーロは結構ボラが高い通貨だと思うので,開始直後は5円上に出口を考えることが多いです。それに必要な通貨量はいくらか考え,一方的な上昇リスクに備える。下落すれば,分散買いで買い下がる。
だいたいこんな感じですかね。

文章が長くなってきたのでまとめると,
本体ロングの分散買いは,私の場合もくるくるワイドの基本設定のような位置づけです。つまりはバランス型くるくるワイド。ただし初期の本体ロングの建てる量はあまり少なすぎても,カバーするレンジが小さくなってしまい,直上げでのリスクを相殺しにくいことと,リピートしないまま出口に達しても利益を上げる前に終わってしまうことから,ある程度(最低2ヶ月ぐらいはもってくれそうなレンジ),私の場合5円程度の幅をカバーできる通貨量は持つのがよい(今回の例ならなら2.5万通貨)と考えています。






第9.5回目くるくるワイドの現状 2014/10/5時点



今週は、2万とちょっとの利益が上がりました。今までの事を思うとかなり利益が良い方かな。トレンドフォローでの取り引きが上手く今のところ機能しています。
ただドラギ発言で一兆億ユーロという発言でこれは下がるぞと自分勝手なファンダメンタル解釈をしていまい、下がらずでショートを持ち過ぎてしまいました。市場の反応としては、下落するには不十分とのことですが、聞いてもよく分からないです。
何がいけないって、ファンダメンタルの才能なんて、テクニカルよりもないのに、その情報をもとにポジったことですね。
もっとわかるようになってから、その情報をもとにポジるなら、それはそれで有効かもしれないですが、、、
そうなんですよね。いままでよく考えると、ファンダメンタル的な、アナリストがいっている何かに気を取られて取引するほど、ポジション状態が悪くなったような気がします。
なんで私のファンダメンタルメンタルは絶対といっていいほど失敗するのか、、、
おそらく5W1Hの欠如だと思います。
私のファンダメンタルは
Who What
ドル円は ユーロ円は
When
年末ぐらい?いつかは具体的にはわからない。調整の時期もわからない
Where
上がる ユーロ円はドル円が急に上がる時はつられて上がる 、でもそうでもない時もある。
Why
世界が日本の円安を、容認しているから、日本に過剰流動性を供給させて、バブルを引き起こしているから。
How
かなり急激に!誰かは112円ていってたかな。でも途中でどれくらい調整があるかはだれも教えてくれない。

この程度です。一つ一つの要素に分けて考えてみると、かなり曖昧ですね。特にいつそれが起こるかという時間の流れが、1番読み取りにくいですね。これでは当たるはずがない。こんな根拠に欠ける歯抜けの情報を頼りにトレードするならそもそも予想なんてしないほうが、良いんじゃないか。そう思えてきます。

今のところ、ファンダメンタルで中期から短期での判断するのはやめとこうかとおもった次第です。

ファンダメンタルで私取引に影響する割合は1-2割ぐらいがいいかな。

今ファンダメンタルでわかってること、
いつかはドル円は112円ぐらいになるかもしれない。
ユーロもつられるかな。それなら、みんなが上に動き出したら、僕も上に向かって歩こうかな。乗り遅れたらその場合の事も考えて、乗り遅れた場合のリスクはあらかじめ、複利ロングなどや、ポジション調整をしておこうか。

ファンダメンタルにあまり左右されずにチャートを眺め秋の夜長を楽しみたいですね( ╹ਊ╹)

















9月月間損益

(トラリピ部分)
トラリピ確定益+トラリピ損切り決済
17500円(内トラリピ確定益 17500円)
スワップ
-374円
小計
17126円

(裁量部分)
本体ヘッジ損益、本体に寄りかかるスイング
503305円
スワップ
-98円
手数料
-300円
小計
49932円

複利ロング、ショート固定
11445円
スワップ
?円
小計
-5105円


合計
61953円

裁量/トラリピ=3.61倍

9月は利益は多くないですが、プラスに回復しました。裁量も後半はぼちぼち決まり出し、前半で複利系が切られた損失を上回る速度で利益を確定できたので、よかったと思います。
少しづつですが、回復傾向にありますね。そしてこの月は、mt4にチャートを切り替え、トレンドフォローに心がけた取り引きを開始した月でもあります。結果からして、よい改善だったと思います。来月も更なる結果を出したいところですが、くるくるワイドはクリティカルアッパーくらってから、ポジション状態はかなり悪いままなので、142にまっすぐ行かれると辛いですね。137.3に下げてくれたのは本当に嬉しかったです。















昨日の戦法が成功!

昨日の戦法が成功しました!
久しぶりに予想通りで良い気分です^_^


カウンター
ブログランキング
検索フォーム
ブログ村(PV)
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。