プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
2012年4月よりくるくるワイドを自分なりにアレンジして、FXの冒険の旅に出発しました。果たしてジョニーは財宝を手に入れることができるか!?
尊敬する人:
池上彰 スティーブ•ジョブズ
好きなミュージシャン:
Dragon Ash
趣味:
スノボ 登山 海外ドラマ
好きな映画:
グーニーズ
スタンドバイミー
バックトゥザフューチャー
スターウォーズ
パイレーツオブカリビアン
シンドラーのリスト
好きなマンガ:
マスターキートン
Naruto
20世紀少年
ブラックジャックによろしく
アイアムアヒーロー
仕事:
普通のサラリーマン

最新トラックバック
おすすめ証券会社
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1759位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
568位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

願いを叶えるドラゴンレーダー
おすすめトレードツール
おすすめアプリ
ブロとも一覧
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーナンキの発言は地合い形成に一助

昨日のバーナンキの発言は、おもったより、穏やかでしたね。今の市場を正確に表しているといった感じて、サプライズは良い意味で見られず、大きな混乱は少なかったようですね。
今後為替は過剰流動性依存というより、経済指標の改善具合に依存していくのでしょうか。
となれば、緩やかに上昇ということですかね。これはみんなが望んでいることですね。
バーナンキなかなか絶妙な舌使いでした。
おかげで、125円に強い支持線ができたように、思います。


以下に発言のまとめメモしておきます。
・FOMCは「景気や雇用の下方リスクは低下した」として、QE縮小に向けた地均しを継続

・市場の反応は「株安・金利高・ドル高」で、「QE縮小→ドル高」シナリオ復活の可能性を示唆

・バーナンキ議長は、年内のQE縮小、来年央のQE終了のスケジュール感を披露

・ただし、あくまでも、経済情勢がFOMC見通しに沿った展開となることが大前提

・また、議長は、QE縮小・停止から利上げに至るまでは相当高いハードルがあることを強調

・FOMCメンバーからは、ディスインフレへの警戒も示され、今後の物価・インフレ期待の変化にも要注意


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
ブログランキング
検索フォーム
ブログ村(PV)
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。